ストーカー事件を減少させる為に転職

男女のあいだには様々なトラブルがあるのは当たり前のことかも知れません。 しかしながら最近の男女は別れ際があまりにも厄介すぎて心配になってしまいます。 毎日のようにテレビの報道番組から流れてくるストーカー事件の話題を耳にするたび、どうにかしないてダメだ!という正義感がフツフツと湧いてしまう自分がいます。 そこで自分はストーカー被害者を少しでも世の中から減少させるため、勇気ある転職を決意したのです。 普通ならばポリスマンを目指すのが当たり前かも知れません。 しかし自分が目指した転職先はポリスマンではありませんでした。 それでは何を自分は転職先として考えたのか、皆さんはわかりますか?

答えは何でも屋さんです。 引っ越し、お掃除、遺品整理など、ありとあらゆる事を請け負う仕事、そんな何でも屋さんならストーカー被害に悩む人達を救えるかも知れないと自分は思ったのです。 現在の日本の法律ではどうしてもストーカーから被害者を守りきれる完全な防御対策がありません。 ポリスマンは、ストーカーから被害に合わない限り動いてはくれないのです。 それって何だか変だと思いませんか? 何かが起こってからでは確実に手遅れだと自分は思っています。

だからこそ自分はポリスマンへの転職を断念し、何でも屋さんへの転職を決意しました。 確かに給料や名誉の事などを考えれば、何でも屋を目指すよりも、ポリスマンへの転職を志したほうが何かと身内などからは喜ばれたりするのかも知れません。 しかしながら、結局は自分で自分の道を切り開いていくしかないのです。 自分としては困っている人達をスグに守ってあげられる存在になりたいと考えてきました。 何でも屋さんなら、リーズナブルな価格で様々な人達を守れると思ったのです。 これからどうなるか自分にもよくわかりません。 だけどストーカーから1人でも多くの人達を守っていきたいです。

派遣の薬剤師求人

Copyright (C) 2007-2014 [転職の話]. All Rights Reserved.